ここでつながる、ここからはじまる
認定NPO法人まちづくりスポット
10:00~18:00(火曜定休)

交流スペースの利用促進に係る事業

偶然の出会いの創出/交流スペースの利用促進に係る事業

オープン以来5万人を突破

5万人目に来館したご家族

2017年10月15日、まちスポ飛騨高山来館者数が5万人を達成しました。記念すべき5万人目は飛騨市在住のご家族。この日は、フレスポ飛騨高山を利用するついでにふらっと立ち寄ってくださいました。この記念すべき日を迎えられたのも、まちスポと繋がる皆様の温かいご支援のおかげです。今後も「商業施設にある交流スペース」の強みを生かし、地域の皆様がより気軽に利用できる交流スペースの運営を目指します。そして偶然の来館から新しい出会いや繋がりが沢山生まれるよう、日々取り組んでまいります。

来館の目的は様々

待ち時間や買い物ついでの利用がほとんどでしたが、子どもたちが遊べるようにおもちゃやお絵かき道具を設置したことで、交流スペースで遊ぶことを目的に来館する方が増えています。また、展示スペースを活用して市民団体の活動紹介や個人の作品展示を行っています。市民活動やまちづくりに関心がある人たちも足を運んでいただく機会になっています。

地域の方の挑戦を応援

みなさんの”やってみたいこと”を叶える場所でもあります。

「イベントを開催してみたいけど、自分ひとりの力では不安…」「チラシをもっと見やすくつくりたい」「地域の課題をなんとかしたいけど、どうしたらいいの」「NPO、市民活動団体ってなに?」など、初めの一歩はわからないことだらけ!

そこで、まちスポでは挑戦するみなさんのお手伝いをさせてもらってます。

皆さんからお声がけいただいたときに一緒に解決策を考えるのはもちろん、運営の補助や企画のつくり方・集客方法などをまちスポスタッフや他団体や外部講師から学ぶ機会をつくるなど、お手伝いの方法は様々。

交流スペース「まちスポ飛騨高山」にはスタッフが常駐しています。いつでもご来館ください。

利用会員も増加中

市民活動団体だけでなく教室やサロン経営をする個人事業主の登録数が増加傾向にあります。交流スペース「まちスポ飛騨高山」がただのレンタルスペースではなく、相談や広報のサポートの場であることが地域に広りつつあるように感じます。これからも、市民活動団体も地域の人も気軽に立ち寄れる場所を目指します。