【大学生対象】 ワーキングホリデーin飛騨高山 参加者募集中!

2018-04-23

ワーキングホリデーin飛騨高山

ワーキングホリデーin飛騨高山とは、
トマト産地の飛騨高山で1週間住み込みながら農業体験ができる取り組みです。

農業の現場を見てみたい!実際の体験をしたい!
農業ってなんだろう?夏休みに地方に住んでみたいという
飛騨地域で1週間住み込みながらトマト収穫などの農業体験ができます!
CIG_IMG014 CIG_IMG0011CIG_IMG017

 

 

 

 

 

こんな方におススメ!

★将来、農業をしたい!興味がある!
★農業の現場で働く経験がしたい!
★自然溢れる環境の中でプチ移住体験をしてみたい!

昨年の参加者の声
・とてもとても勉強になりました。農大生必ず参加するべき!
・休日の高山観光は色々なところに連れていってもらい、さらに穴場スポットみたいな場所も連れていってもらえてすごく楽しかった!

応募情報詳細

体験内容:
トマトの収穫、管理作業など

日  時:
全12回 平成30年7月1日(日)~10月17日(水)のうち10日間程度(※複数回の参加可能)
☆第1回 7月01日~7月10日
☆第2回 7月10日~7月19日
☆第3回 7月19日~7月28日
★第4回 7月28日~8月06日
★第5回 8月06日~8月15日
★第6回 8月15日~8月24日
★第7回 8月24日~9月02日
★第8回 9月02日~9月11日
★第9回9月11日~9月20日
☆第10回9月20日~9月29日
☆第11回9月29日~10月8日
☆第12回10月8日~10月17日

体  験  先:
飛騨高山受入れ農家組合(岐阜県高山市丹生川町内トマト農家)

定  員:
☆回:4名 ★回:10名

申込期限:
各回開始日の1週間前まで

手  当:
宿泊場所無料(シェアハウス 自炊可能)
食事手当(2,000円/日)
高山までの1往復交通費 最大1万円補助

その他、受入れ農家にて食材提供あり(飛騨牛、米、野菜など)

持  ち  物:
着替え(農作業のため、汚れてもよい服装)、帽子、運動靴及び長靴(屋外での作業のため必須)
日用品(歯ブラシ、石鹸、シャンプー等)

その他:詳細につきましては、チラシをご覧ください。
また参加者へのご案内は申込み完了後、別途郵送にてご案内致します。

申込方法・申込み先

電話、FAX、メールにて
大学名、学年、名前、年齢を明記の上、お申込みください。

FAX・メール用お申込み用紙 申込み用紙_Word ver.  申込み用紙_PDF ver.

<申込み先>高山市役所農政部農務課 担当:長瀬、田中
〒506-0009
岐阜県高山市花岡町2-18
電話 :0577-35-3141
FAX :0577-35-3166
E-mail:noumu@city.takayama.lg.jp

過去の体験の様子、状況

ワーキングホリデーin飛騨高山2017 報告書

 

Copyright(c) 2013 machidzukuri spot All Rights Reserved.