ここでつながる、ここからはじまる
認定NPO法人まちづくりスポット
10:00~18:00(火曜定休)

自宅からでも参加できる!モザイクアートプロジェクト

こんな時期だからこそ、ご自宅から、誰でも参加できるモザイクアートプロジェクト。
参加方法は絵を描いて写真を送るだけ!みんなで大きな絵を作ろう♪

 

大きな絵を作りたい!

今年はコロナウイルスの影響で例年になく自宅で過ごす時間の多い春。
そこで、外出しなくても楽しめるモザイクアートプロジェクトをスタートします!
これは人を思う気持ちが集まった大きな絵=モザイクアートを作るプロジェクト!
この機会に大切な人(親、子ども、孫、友達、パートナー、ペット)の絵を描いてみませんか?

 

目標は300枚!
一人何点でも描いてOK!
絵の上手さは関係ありません!
年齢制限もありません!
大切な人をたくさん描いて、みんなで大きな絵を作りましょう!

 

モザイクアートとは

モザイクアートとは、1枚の絵の中に小さな絵がたくさん集まっているもの。
サンプルはこんな感じです。


アップで見ると色んな絵が集まって出来ているのがわかりますね。

サンプルは枚数が少なかったので一部の絵が繰り返し使われてますが、色んな絵が集まるほど全体に満遍なく広がります!

 

 

完成イメージ

これから作るモザイクアートのベースはこんなイラスト!


完成した作品はまちスポ飛騨高山に展示されたり、
募金箱に貼り飛騨地域の各所に設置されたり、色々な方に見て楽しんでいただきます。

募金箱イメージ


完成したモザイクアートはまちスポのホームページや会報などの広報物でもお披露目していこうと考えています。

 

参加方法は”メールで送る”だけ!

描いた絵はこちらのアドレスまでお送りください♪

info@machispo.org

(クリックでメールが起動します)
 

絵と一緒に名前(ペンネーム可)を本文にお書きください。
展示時や会報などの広報物で掲載したいと思います!


募集期間は2020年3月18日~4月20日まで。

たくさんのご参加お待ちしてます!

 

 

 

 

2020年3月27日現在の応募状況!中日新聞に開催もされました

現在集まっているのは13枚! 一部を紹介いたします。

にっこり笑顔が描いている時の楽しい気持ちが伝わってきますね。 友達や兄弟だけじゃなく、お気に入りのパンダのぬいぐるみを描いてくれた子もいました! また、中日新聞さんにも掲載していただきました。 ありがとうございます!